本当に不利なのか?銀行員の転職

銀行員の仕事はつぶしがきかない

他の業界では通用しない仕事スキル

一般的に銀行員の仕事はつぶしが利かないと
言われることが多いですが、実際に面接官は
どのような印象を持っているのでしょうか?

銀行員の仕事は色々な面ではーどです。
・厳しいノルマ
・顧客及び社員との人間関係
・1円も間違えてはいけない数字の管理
・行内の派閥争い

など、一般企業にはない厳しい環境の中で
働いてきた銀行員に対して、むしろ採用側は

「自社でも頑張ってくれそう」

と他の転職者よりも採用にあたって
安心感を抱くそうです。

そういった状況から、銀行員の転職は巷で
言われているほど不利ではないのが事実です。

新卒での就職先としても人気ですから、
高い倍率を突破して採用されたその実力は
必ず認められています。

しかし注意が必要なのは

ズバリ「銀行を辞めた理由」です。

「何で銀行を辞めたの?」とか
「何でうちの会社に応募してきたんですか?」
このような質問はどこの企業も面接で必ず
根掘り葉掘り聞かれます。

このような質問に対して面接官が納得できる
正当かつ明確な回答を準備しておくことが大切になります。

業界選びも慎重に

元銀行員としてのスキルが活きる会社や
職種への転職はかなり歓迎されます。

やはり経理、事務、接客、営業などの経験や
取得した資格が活かせる仕事を選ぶと転職は
成功しやすいでしょう。

実績抜群!元銀行員の転職に有利なサイトはこちら